ガルバリウム屋根工事の・価格・見積・施工の専門情報サイト

ガルバリウム鋼鈑屋根工事 電話 0120−58−1152
ガルバリウムの屋根、瓦の1/10の重さ、30%以上安い
HOME
ガルバリウム
鋼板の特長
カバー工法
施工価格
既存屋根材
撤去しての価格
メーカー別
商品名・モデル名
材料別
施工カタログ
問い合わせ
フォーム
問重ね葺き
カバー工法とは?
ガルバリウム鋼板
の問題と対策
お助け隊の
施工例
運営組織
「お助け隊」が選ばれ
るには理由があります

その他の情報
ガルバリウム鋼板
ジンカリウム鋼板
自然石粒付鋼板
の違い
ガルバリウム鋼板
とルーフィング
の話、耐用年数



カラーベスト、コロニアルの葺き替え、カバー工法の屋根材料として
『ガルバリウム鋼板』は、最適な屋根材と言えます
ガルバリウム鋼板 葺き替え例の見本 ガルバリウム屋根の 葺き替え例2
 アイジー工業のガルテクトの例 チューオーの横暖ルーフ・きわみの例 
 

ガルバリウム鋼板が、屋根材として優れている理由:

  1: 軽量(瓦の重量の1/10以下)の為、家の躯体に対する負担が
    少ないので地震の揺れに強い。
  2: 瓦の価格(材料費+施工費)より20%から30%程低価格
  3: トタンより錆びに強く、3倍以上長持ち
   
メーカー保証20年の材料もある(フッ素樹脂塗装など)
  4: 加工し易く、工期が短くて済む
  5: 金属、スレート材なら既存の屋根材を撤去することなくその上から
   施工が可能。 撤去費が掛からないので、低コスト+廃材が出ない
   のでエコな工法。 (カバー工法
自宅の屋根をガルバリウム鋼板でリフォーム、葺き替えをしたい
概算金額を知りたい、見積が欲しい方
電話をして、自宅の葺き替え、
修理の概算を今、知りたい方
このHomePage上でも、大よその概算、相場を掲載していますので、そちらも参照してください。
左のメニューからでも、ガルバリウム鋼板工事の概算ページに行けますが・・・
            ⇒ カバー工法でのガルバリウム鋼板の工事概算、相場ページへ
            ⇒ 既存材料撤去後 ガルバリウム鋼板での葺き替え、相場ページへ 
屋根工事お助け隊が提供するこのガルバリウム鋼板HPでは、ガルバリウム鋼板についてのいろいろな情報をお知らせしていきたいと考えています。 ガルバリウム鋼板の良いところ、欠点など良く知った上で、この屋根材を使ってください。 あとで、こんな屋根材料使うのではなかった!! と公開しないように、業者さん任せでは、なくご自分で、調べて、納得して、工事に掛ってください。 私たちもお役に立てる情報・お知らせ、たまに屋根業界、工事屋さんたちの裏話もご披露したいと思っています。
まづは、一番知りたいであろうガルバリウム鋼板の工事価格、概算、相場などをお知らせします。

     
  ⇒ 今相場を知りたい、概算を知りたい方 

(ご自宅の屋根の大きさでの概算価格も、もちろん電話で相場とともにお答えいたします。 図面があれば、更に正確に概算金額も分かります。 相談してみてください)
ガルバリウム鋼板は、米国で開発されましたが、日本では、独自に屋根材として、外壁材として発達しました。 屋根材料としては、初めからメンテナンス、葺き替え用として発達し、カバー工法という新しい工法も生み出しました。 当時建売住宅の屋根にはスレート材が多く使われていましたが、スレート材の葺き替え、既存のスレート材を撤去することなく、重ねて施工できることが施工費の面からも、施工期間の問題からも受け入れられ、非常に広まっています。 またトタンでの重ね葺きにも対応でき、非常に重宝がられています。 日本のメーカーも100社以上あり、一般化しつつあります。
スレート材の葺き替えと言ったら、ガルバリウム鋼板、トタンの葺き替えもガルバリウム鋼板という選択が一番選びやすい選択肢になっています。 それでも、問題がないとは言えず、その対策もここで紹介しています。 是非、良く読んで頂きたい、良く知って頂きたいガルバリウム鋼板です。
 

ガルバリウム鋼板の表面処理による耐用年数の違い

ガルバリウム鋼板は、鋼板(鉄の薄板)に亜鉛+アルミ+シリコンのメッキをしたものですが、基本的な生産プロセスは普通の亜鉛めっき鋼板と同一であるため、両者は基本的に同一のラインで製造される。高炉メーカーでも製造されるが、コイルを外部から購入してめっき処理を行うめっき専業メーカーのシェアも高い。 鋼板、ガルバリウム鋼板の主なメーカー;
 日鉄住金鋼鈑(株)、JFE鋼板(株)、日新製鋼(株)、(株)神戸製鋼所、(株)淀川製鋼所
 日本でガルバリウム鋼板のメーカーは、鋼板から製造する高炉メーカー、鋼板を買ってきて、メッキ、塗装をするメーカー、ガルバリウム鋼板を塗装込みで鋼板メーカーから持ってきて、屋根材料に加工するメーカーまで、大小合わせてガルバリウム鋼板製造会社は、100社以上あります。 その中で鋼板からガルバリウム鋼板のメッキをする工程は、ほぼ同じなので、違いを出す為には、鋼板の厚さ、メッキ層の厚さ、表面処理の違いを出すして、各社優位性を競っています。 住宅用屋根材として、販売されているガルバリウム鋼板の厚さ 0.3mm〜0.4mmよりは、塗装、表面処理の違いが、ガルバリウム鋼板の耐用年数に影響ししています。 そのガルバリウム鋼板+表面処理までを一貫して製造し、多くのガルバリウム鋼板を屋根用に加工しているメーカーに販売している代表メーカー;JFE鋼板(株)と
日鉄住金鋼鈑(株)のガルバリウム鋼板カタログをお知らせして、その表面塗装の様子と耐用年数の
違いを見てみたいと思います。 JFE鋼板のページへ、 日鉄住金鋼鈑のページへ
 質問・問い合わせフォームへ
ガルバリウム屋根 トップページへ
ガルバリウム屋根サイトは、ガルバリウム鋼板の解説、ガルバリウム鋼板での葺き替え価格・概算、その工法等
注目されるガルバリウム鋼板について情報を提供しています。 またガルバリウムの欠点、弱みなども紹介し、対策も解説します
更にガルバリウム得意とする優秀な屋根屋さんもご紹介しています
Nobilis Works 「ガルバリウム屋根」by 屋根工事お助け隊/copy right all reserved