ガルバリウム鋼板屋根、葺き替えの・価格・見積・施工の専門情報サイト

ガルバリウム鋼鈑屋根工事 電話 0120−58−1152
ガルバリウムの屋根、瓦の1/10の重さ、30%以上安い
HOME
ガルバリウム
鋼板の特長
カバー工法
施工価格
既存屋根材
撤去しての価格
メーカー別
商品名・モデル名
材料別
施工カタログ
問い合わせ
フォーム
問重ね葺き
カバー工法とは?
ガルバリウム鋼板
の問題と対策
お助け隊の
施工例
運営組織
「お助け隊」が選ばれ
るには理由があります

その他の情報
ガルバリウム鋼板
ジンカリウム鋼板
自然石粒付鋼板
の違い
ガルバリウム鋼板
とルーフィング
の話、耐用年数



カラーベスト、コロニアルの葺き替え、カバー工法の屋根材料として
『ガルバリウム鋼板』は軽量性,長耐用年数で人気です
ガルバリウム鋼板 葺き替え例の見本 ガルバリウム屋根の 葺き替え例2
 アイジー工業のガルテクトの例 チューオーの横暖ルーフ・きわみの例 
 

ガルバリウム鋼板が、屋根材として優れている理由:

  ●軽量(瓦の重量の1/10以下)の為、家に対する負担が少ないので地震の揺れに強い
  ●瓦の価格(材料費+施工費)より20%から30%程低価格
  ●トタンより錆びに強く、3倍以上長持ち
   メーカー保証20年の材料もある(フッ素樹脂塗装など)
  ●加工し易く、工期が短くて済む
  ●金属、スレート材なら既存の屋根材を撤去することなくその上から
   施工が可能。 撤去費が掛からないので、低コスト+廃材が出ない
   のでエコな工法。 (カバー工法)
自宅の屋根をガルバリウム鋼板屋根に葺き替えしたい
概算金額を知りたい、見積が欲しい方
電話をして、自宅のガルバリウム鋼板屋根へ葺き替えたい
ガルバリウム鋼板屋根;修理の概算を今、知りたい方
このHomePage上でも、大よその概算、相場を掲載していますので、そちらも参照してください。
左のメニューからでも、ガルバリウム鋼板工事の概算ページに行けますが・・・
      ⇒ カバー工法でのガルバリウム鋼板屋根の工事概算、相場ページへ
      ⇒ 既存材料撤去後 ガルバリウム鋼板での葺き替え、相場ページへ 
屋根工事お助け隊が提供するこのガルバリウム鋼板HPでは、ガルバリウム鋼板についてのいろいろな情報をお知らせしていきたいと考えています。 ガルバリウム鋼板の良いところ、欠点など良く知った上で、この屋根材を使ってください。 あとで、こんな屋根材料使うのではなかった!! と公開しないように、業者さん任せでは、なくご自分で、調べて、納得して、工事に掛ってください。 私たちもお役に立てる情報・お知らせ、たまに屋根業界、工事屋さんたちの裏話もご披露したいと思っています。まづは、一番知りたいであろうガルバリウム鋼板の工事価格、概算、相場などをお知らせします。  ⇒ 今相場を知りたい、概算を知りたい方

(ご自宅の屋根の大きさでの概算価格も、もちろん電話で相場とともにお答えいたします。 図面があれば、更に正確に概算金額も分かります。 相談してみてください)
ガルバリウム鋼板は、米国で開発されましたが、日本では、独自に屋根材として、外壁材として発達しました。 屋根材料としては、初めからメンテナンス、葺き替え用として発達し、カバー工法という新しい工法も生み出しました。 当時建売住宅の屋根にはスレート材が多く使われていましたが、スレート材の葺き替え、既存のスレート材を撤去することなく、重ねて施工できることが施工費の面からも、施工期間の問題からも受け入れられ、非常に広まっています。 またトタンでの重ね葺きにも対応でき、非常に重宝がられています。 日本のメーカーも100社以上あり、一般化しつつあります。スレート材の葺き替えと言ったら、ガルバリウム鋼板、トタンの葺き替えもガルバリウム鋼板という選択が一番選びやすい選択肢になっています。 それでも、問題がないとは言えず、その対策もここで紹介しています。 是非、良く読んで頂きたい、良く知って頂きたいガルバリウム鋼板です
 

ガルバリウム鋼板屋根の耐用年数

ガルバリウム鋼板の耐用年数は、25年以上という開発メーカーの実実験データがあります。これは、1974年から、1995年まで全米14都市、33箇所に施工した鋼板の 25年間のモニター結果です。
 実際には、米「NamZAC」という組織が共同で行った実験で、全米14都市、33箇所での施工後の耐候モニターを行いました。 その結果をレポートしたものが、インターネット上に公開されています。
 それによると、酸性雨の降る北東部工場地域、高温多雨のミシガン州、乾燥地帯の中部地域など全米33箇所でのモニタリングによって、25年経過後、塗装は剥げ落ちているものの、雨漏りはなく、良いコンディションを保っていたと報告している。
 彼らは、ガルバリウム鋼板の殆ど全ての施工例で、25年以上の耐用年数を示したと言っています。ここで言う耐用年数とは、見栄えはさて置いて、雨漏りのない屋根の基本機能は、25年以上の寿命であるということにしています。(あくまでも実験の報告であって、メーカーの保証ではありません)

 

ガルバリウム鋼板屋根に使われる住宅用屋根材メーカー

ガルバリウム鋼板は、鋼板(鉄の薄板)に亜鉛+アルミ+シリコンのメッキをしたものですが、基本的な生産プロセスは普通の亜鉛めっき鋼板と同一であるため、両者は基本的に同一のラインで製造される。高炉メーカーでも製造されるが、コイルを外部から購入してめっき処理を行うめっき専業メーカーのシェアも高い。 2016年11月現在、日本で「ガルバリウム鋼板」の主なメーカーは; 3社で;
日鉄住金鋼鈑(株)、JFE鋼板(株)、日新製鋼(株)です。
 一般住宅で使用される、「ガルバリウム鋼板屋根」の屋根材をガルバリウム鋼板メーカー(上記3社から購入して、屋根材に加工し、リフォーム用として屋根屋に問屋を通して又は直接屋根屋に販売しているガルバリウム鋼板屋根材の製造会社は、次のメーカーがあります。(順不同)
  ●月星商事株式会社; 日新製鋼株式会社の屋根材を販売する会社
  販売の商社である月星商事が日新製鋼のガルバリウム鋼板屋根を販売
  住宅用ガルバリウム鋼板屋根材:
    MSタフルーフ : 横葺きガルバリウム鋼板屋根材
    MSタフワイド :  幅広、横葺きガルバリウム屋根材 他、工業用屋根材
 
  ●アイジー工業株式会社;ガルバリウム鋼板屋根材、外壁材(サイディング他)製造販売会社
  住宅用サイディング、ガルバリウム鋼板屋根材の製造・販売
  ガルバリウム鋼板屋根材:
  ガルテクトフッ素 : フッ素塗装横葺きガルバ屋根材、塗膜保証 20年、赤錆 20年保
  ガルテクト    :  横葺きガルバ屋根材、塗膜保証 10年、赤錆 10年保証
 
  ●ニチハ株式会社;外壁材、断熱材、内装材、屋根材の製造・販売会社
  住宅用外壁材、ガルバリウム鋼板屋根材、内装材;(横暖ルーフは元チューオーの製品)
  一般住宅用・ガルバリウム鋼板屋根材としての製品:
  横暖ルーフ・シリーズ: 全て横葺きガルバリウム鋼板屋根材、最近新製品が発表された
    標準製品: 横暖ルーフ/きわみ : このシリーズで一番契約がある製品;
    ガルバリウム鋼板屋根材(横葺きタイプ); 塗膜保証10年、赤錆保証10年他
    ・ ・ ・ 新製品の紹介へ;
 
  ●福泉工業株式会社; ガルバリウム鋼板屋根材、外壁材、製造・販売
  ガルバリウム鋼板屋根材: 
    MFシルキー : 横葺きガルバリウム鋼板屋根材
    かわら・エフルーフ : 横葺きガルバリウム屋根材 他
 
  ●セキノ興産株式会社; 工場、大規模建築物用屋根材、外壁材、太陽光パネル
  住宅用・ガルバリウム鋼板屋根材、製造・販売
    一般住宅に使用されるガルバリウム鋼板屋根材: 
    横葺タイプ : ダンネツトップシリーズ: 横葺き
    縦葺タイプ : ガルバリウム屋根材;製品名; 立平、エバールーフ 他
 
  ●稲垣商事株式会社; ガルバリウム鋼板屋根材、ステンレス鋼板、化成品販売会社
  ガルバリウム鋼板屋根材は、JFE鋼板、淀川製作所のガルバリウムを使用して
  これを自社で屋根材に加工、独自のガルバリウム鋼板屋根材にして販売
    ヒランビー、スタンピーが有名。 屋根材に加工するのは、関連会社、自社は
    製品の企画販売
 
  ●日鉄住金鋼板株式会社; 世界有数の製鉄会社、日鐵住金の関連会社。
  ガルバリウム鋼板の製造会社で、ガルバリウム鋼板屋根材メーカーに鋼板を販売。
  自社でもガルバリウム鋼板屋根材に加工して販売している。
  自社のブランドで、ガルバリウム鋼板屋根材も販売:
    ガルバ屋根材 : エバールーフシリーズ: 横葺きガルバリウム鋼板屋根材
    その他ガルバリウム鋼板平板を屋根材製造メーカーへ供給。
 
  ●JFE鋼板株式会社; JFEスチール株式会社の関連会社
  ガルバリウム鋼板、ガルバリウム鋼板屋根材の製造会社。ガルバリウム鋼板屋根材の
  販売は自社のブランドでも販売;
    JFEカラーGL;ガルバリウム鋼板屋根材、ガルバリウム鋼板外壁材
    高機能カラー鋼板: タフマックス、きわみ
    高耐候フッ素樹脂塗装鋼板: F20GL、F20GLつやけし、F20GLきらめき
    F20GLエコガル他、JFEエコガルとは、溶融亜鉛+アルミ+マグネシウム+ニッケル
    を混合したメッキ方式(特許)
 

ガルバリウム鋼板屋根 トップページへ
@@@@@
 

ガルバリウム鋼板の新製品

・ガルバリウム鋼板を超えた、スーパーガルバリウム鋼板
   日新製鋼の「ZAM」を使った、アイジー工業の「スーパーガルテクト」
   日鉄住金の新ガルバリウム鋼板を使った、ニチハの「SGL」スーパーガルバリウム鋼板
●アイジー工業;

●ニチハ; 横暖ルーフαプレミアム; SGL(スーパーガルバリウム鋼板)
   1970年に米大手鉄鋼メーカーが、Galvalum Steelを開発して既に40年、それに対応して、日本の鉄鋼会社は、ただ手をこまねいていた訳ではありません。ガルバリウム鋼板に代わる高耐久性の新しいメッキ鋼板を開発していました。ガルバリウム鋼板のメッキ組成である、アルミニウム+亜鉛+シリコンに、少量の「マグネシウム」を加えたことで、ガルバリウム鋼板より長期の安定性、耐用年数を実現した新たなメッキ鋼板を開発しました。 日新製鋼からは「ZAM」、新日鉄住金からは、「SGL」です。  
   これらの新ガルバリウム鋼板とも言うべき鋼板を使って
下の会社から住宅用屋根材鋼板が発売されています。 
 

●ニチハ株式会社
 同様に、ガルバリウムのメッキシステムを、新たに新日鉄住金が開発した、マグネシウムを数%混合したメッキを使用して、新横暖ルーフ・シリーズ/新 4製品; SGL:スーパーガルバリウム鋼板、
 
穴あき25年保証、赤錆20年保証の製品を、2016年秋発表。
 ガルバリウム鋼板屋根材として一番売れてた、ニチハの横暖ルーフ・シリーズ、「きわみ」の保証は、塗膜保証10年、赤錆保証10年でした。 また上位の横暖ルーフ/プレミアムは;塗膜20年、赤錆 10年保証でした。 特に今回の新しいガルバリウム鋼板は、マグネシウムを2%加えて強化し、赤錆保証25年を実現してるところ、海岸線より500m以上離れていれば、この保証が対象になる製品です。 末尾の「S」は、新製品の意味でスーパーガルバリウム鋼板を表しているとのことです。 また、「α」の意味は、屋根材の重ね合わせが新しく、より雨が侵入し難くなった製品でです。 カタログ参照。
このニチハの新横暖ルーフは、かなり戦略的な製品です。 アイジー工業に先行された新ガルバリウム鋼板に対抗、他の普通ガルバリウム鋼板にも対抗した製品であることが想像され、価格も下げて発売になっています従来品である、横暖ルーフ/きわみの設定価格より、後継品のカタログ価格が、16%も下がりました。カタログの材料価格を下げ、その性能をかなり上げたことによるお客様へのインパクトは大きいものがあります。ガルバリウム鋼板の葺き替えでは、是非検討に入れたい製品と思われます。
 ・ ・ ・ 問い合わせは、0120-58-1152 屋根工事お助け隊まで。
実際の屋根屋が施工するときの価格が下がるかは、個々の見積を取ってみてからになりますが、材料の問屋が価格を下げるのか?また屋根屋が実際、価格の下がった材料を調達出来るのか?が問題です。 調査を続けてお知らせしたいと思います。

●アイジー工業株式会社
 今までのガルバリウム鋼板メッキ層に、新たにマグネシウムを混ぜ込んだメッキにより、ガルバリウム鋼板より、メッキの耐用年数が長くなりました。新メッキシステムを使った屋根材になります。
スーパーガルテクトシリーズ/ 3製品; 新ガルバリウム鋼板、穴あき25年保証、赤錆20年保証
 2016年の年末から2017年の初頭、2017年中は、お客様にとっては、ガルバリウム鋼板屋根材市場は、かつてない程の激戦になっていると思われます。 お客様にとっては有利な良い環境で、ガルバリウム鋼板屋根業界のリーダー的なニチハが、市場の占有率を上げる戦略に出たことにより、各社横並びだった製品性能、価格に大きな差が発生し、競争が激化するからです。特に新しいガルバリウム鋼板の製品を出せないでいるメーカーの製品は、価格を下げざる環境になっていて、これから普通のガルバリウム鋼板屋根材の価格が下落することが強く期待されます。 市場原理として性能に見劣りした製品は同じ価格では勝負になりません。同じ性能の製品を出すか?価格をさげなければならない市場環境になってきました。
 これは、屋根屋の立場から言ってはいけないことかもしれませんが、ニチハ、アイジー工業以外の従来のガルバリウム鋼板屋根材に対しては、値引きを要求できる口実になると思います。
 お客様としては、従来よりかなり良い性能の製品を従来の相場で施工できると同時に、従来品を扱う屋根屋に対して、更なる値引きで対抗できるという選択肢が出来上がったと言えます。
 更に言うと、ジンカリウム鋼板の市場にもインパクトを与えそうな製品です。それまでジンカリウム鋼板の耐用年数は、50年ですが、この新しいガルバリウム鋼板は、赤錆保証で25年です。 耐用年数は、それまでよりまた長くなって、ジンカリウム鋼板に近づくと思われます。メーカーがはっきり言わないことも考えれますが、確実にガルバリウム鋼板の耐用年数が、長くなりました。
(ガルバリウム鋼板の耐用年数が長くなっても屋根の耐用年数が長くなったと言えるか?ルーフィングの耐用年数が気になります)

 

ガルバリウム鋼板の表面処理による耐用年数の違い

 日本でガルバリウム鋼板のメーカーは、鋼板から製造する高炉メーカー、鋼板を買ってきて、メッキ、塗装をするメーカー、ガルバリウム鋼板を塗装込みで鋼板メーカーから持ってきて、屋根材料に加工するメーカーまで、大小合わせてガルバリウム鋼板製造会社は、50社以上あります。 その中で鋼板からガルバリウム鋼板のメッキをする工程は、ほぼ同じなので、違いを出す為には、鋼板の厚さ、メッキ層の厚さ、表面処理の違いを出すして、各社優位性を競っています。 住宅用屋根材として、販売されているガルバリウム鋼板の厚さ 0.3mm〜0.4mmよりは、塗装、表面処理の違いが、ガルバリウム鋼板の耐用年数に影響ししています。 そのガルバリウム鋼板+表面処理までを一貫して製造し、多くのガルバリウム鋼板を屋根用に加工しているメーカーに販売している代表メーカー;JFE鋼板(株)と
日鉄住金鋼鈑(株)のガルバリウム鋼板カタログをお知らせして、その表面塗装の様子と耐用年数の
違いを見てみたいと思います。 JFE鋼板のページへ、 日鉄住金鋼鈑のページへ
 質問・問い合わせフォームへ
ガルバリウム鋼板屋根 トップページへ
ガルバリウム鋼板屋根サイトは、ガルバリウム鋼板の解説、ガルバリウム鋼板での葺き替え価格・概算、その工法等
注目されるガルバリウム鋼板屋根について情報を提供しています。 またガルバリウムの欠点、弱みなども紹介し、対策も解説します
更にガルバリウム得意とする優秀な屋根屋さんもご紹介しています
Nobilis Works 「ガルバリウム鋼板屋根」by 屋根工事お助け隊/copy right all reserved